オリゴ糖は便秘に良い!おすすめはどれ!?

スーパーやドラッグストアなどで、オリゴ糖を配合したお菓子やサプリメントを目にする機会はありませんか?

オリゴ糖はお腹の調子を良くする健康食品として評判が高い商品です。

赤ちゃんにもあげられるのでママにも人気が高いです♪

オリゴ糖を摂取するのにおススメな人は?

オリゴ糖は健康食品ですので、基本的には取り入れたい食材ですが、

特におすすめしたいのは、以下のようなことの思い当たる人です。

  • 最近便秘や下痢、お腹が張るなど腸の調子が悪い
  • 仕事などが忙しく食事改善するのが難しい
  • 赤ちゃんのお腹の調子が悪く、便秘気味で困っている
  • 最近体臭や口臭がきつく、腸の調子も悪い

オリゴ糖甘味料を使うのがおすすめ!

オリゴ糖を摂取するのにおすすめしたいのが、【オリゴ糖の甘味料】製品です。

オリゴ糖は甘いので、砂糖や人工甘味料のような形で売られているんですね。

食材から摂取するよりも圧倒的にオリゴ糖が多いので便利です♪

おすすめのオリゴ糖甘味料は?

オリゴ糖甘味料といっても色々な種類がありますが、一番おすすめしたいのは【オリゴのおかげ】です。

なんとなく知っている人も多い商品ですが、実際に評判が高くずっと売れつづけている人気商品です!

オリゴのおかげ画面

オリゴのおかげが人気のひみつは?

  • 整腸効果が認められてたトクホ認定の商品!
  • 1日あたり約42円なので毎日続けやすい安さ!
  • カロリーが1本あたり17kcalでヘルシー!

トクホ認定の商品だから整腸効果は折り紙つき!

オリゴのおかげをおすすめする一番のポイントは消費者庁が許可をした特定保健用食品ということ。

整腸効果を国から認められた製品なので、安心して使うことができます。

他社の類似製品にはトクホ認定が無いものも多いので、大きな利点といえますね♪

1日あたり約42円!安さも重要!

お腹の調子を整える栄養や食材は、なるべく毎日摂取することが大切です。

一時的に取っただけでは効果が無いですし、直ぐに悪い腸の状態に・・・。

しかし価格が高いと毎日続けるのも大変ですよね?

オリゴとのおかげは1日約42円と低価格。

他社の同じような製品が平均1日約100円ぐらいなので、毎日続けやすい価格といえますね♪

カロリーが1本あたり17kcal!ダイエットとしても!

オリゴ糖は甘味料代わりに使う感覚ですが、オリゴとのおかげは低カロリー。

砂糖や人工甘味料はカロリーが高いですから、オリゴのおかげに切り替えるだけでも、

ダイエットとしての効果も期待できます。

オリゴとのおかげを選ぶなら、液体?顆粒タイプ?

オリゴのおかげには液体タイプと顆粒タイプがあります。

どちらを選んでも効果は同じですが、おすすめは顆粒タイプです。

持ち運びが簡単!仕事で忙しい人にも!

顆粒タイプはスティックタイプなので、持ち運びしやすいです。

家の中だけオリゴ糖にするよりも、

オフィスで使う甘味料など外出先でもオリゴ糖に切り替えたほうが、整腸効果は全然違ってきますので、

持ち運びやすさはとても重要です。

冷たくても熱しても!利用できる幅が広い

お腹の調子を整える製品は普段の食生活に溶け込むというより意識して摂取するというものが多いため、

中々毎日取り入れるのは大変。中には途中で面倒になって諦めてしまう人もいます。

ですが顆粒タイプであれば冷たい飲み物・料理でも溶けやすくので、利用の幅が広がり普段の食生活に利用しやすいです。

またオリゴとのおかげは熱した料理でも効果を失いません。

つまり何に使っても大丈夫ということですね。

 

もしお腹の調子が悪い、便秘気味ということであれば是非オリゴ糖を摂取することをおすすめします。

今であれば、オリゴのおかげがキャンペーン中でお試し価格でも提供していますので、

気になる方は公式サイトで確認してみてください。

origobtn01

オリゴのおかげを実際に体感してみました!

私自身、昔から便秘に悩み続けていたので、オリゴのおかげを愛用しています。

オリゴのおかげ
↑注文するとこのような箱できます。

オリゴのおかげ2オリゴのおかげ3
↑オリゴのおかげの他にスタートガイドがあるので、オリゴ糖や健康な腸について、上手な飲み方など初めての人にもわかりやすいです。

オリゴのおかげ4
↑スティックタイプであればそれぞれ個包装。小さいのでバッグで持ち運びやすいです♪

私の場合は普段の飲み物の砂糖代わりに使用

オリゴのおかげは粒状なので冷たくても溶けやすく、また加熱してもその効果が失われません。

なので普段の食生活に直ぐに溶け込ませ易いと思います。

私は紅茶を良く飲むので、普段使用していた砂糖をやめてオリゴのおかげを使っています。

オリゴのおかげ5

スプーンを使用しなくても溶けてしまうので、簡単です♪

オリゴのおかげ6オリゴのおかげ7

甘さは砂糖よりも控えめなので最初は慣れないかもしれませんが、

数日すれば気にならなくなります♪

このほかに料理に使ったりすることもあります。

はじめは思ったような効果は感じず

最初の数日はあまり腸の変化は感じませんでした。

スムージーを試したり、食物繊維を意識して食べたりなど色々やってきましましたが、

どれも思うような効果が得られなかったので、今回もだめかなーと思いましたが、

数週間続けていくことが大切ということなので、継続して使うことに。

始めて10日くらいで効果を実感!

毎日1本オリゴのおかげを摂取し続けて10日ほど経過したとき、始めて変化を感じました。

今まで頑固な便秘だったのにスルッと出すことができたんです♪

自分でもびっくりしてしまいましたが(笑)凄くうれしかったですね^^

お肌も良くなってきて♪

便秘以外にも感じたのがお肌のツヤ。

前はニキビや肌荒れが結構あったのですが、オリゴのおかげを使用してからほとんど気にならなくなりました♪

オリゴ糖を摂取すると美容に必要なビタミンB群の生成も増えるそうなので、

お肌の調子が悪い・・・という方にも良いと思います。

安さと続けやすさはやっぱり重要!

オリゴ糖でも乳酸菌でもそうですが、やはり継続して摂取することが大切です。

腸の調子が良くなったからといって辞めてしまうと、もとに戻ってしまいます。

なので、毎日摂取しやすいかどうか、そして経済的に負担がないかってとても重要だと思います。

オリゴのおかげは簡単に摂取できますし、金額も高くないので、

3日坊主な人でも続けやすいと思います。

現在、お試し価格で提供されているので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

origobtn01

どうしてオリゴ糖が便秘やお腹の調子に良いの?

そもそもお腹の調子が悪いのは、腸内細菌が善玉菌より悪玉菌より多い状態だからです。

オリゴ糖は大腸に到達すると、腸内環境の善玉菌であるビフィズ菌の餌となって、

腸内のビフィズ菌を増やします。

いわゆるプレバイオティクスと呼ばれるものです。

実は腸内最近の中でもビフィズス菌は加齢とともに減少しやすく、

減少することで悪玉菌が増え、お腹の様々なトラブルの原因になるんです。

ビフィズス菌を直接増やすオリゴ糖はまさに腸の救世主と言えますね!

オリゴ糖が他のお腹に良い商品より優秀な点

同じように善玉菌のエサとなる食材は他にもあります。

例えば食物繊維などですね。もちろん食物繊維は摂取すべきなのですが、

実は水溶性と不溶性の食物繊維があり、そのバランスが重要といわれています。

つまりただ摂取すれば良いというわけではないんですね。

 

かつ忙しい人だとなかなか食物繊維は摂取しずらいです。

その点、オリゴ糖は甘味料の代わりにしようする感覚でよいので、

例えばコーヒーや紅茶、日頃の砂糖代わりになど、生活に取り入れやすいのが良い点です。

ヨーグルトだけではお腹の調子を整えるには不十分!

善玉菌を増やす食べ物として有名なのが乳酸菌。特にヨーグルトはその代表といえます。

お腹の調子が悪い場合はヨーグルトを摂取するべきですが、

乳酸菌が消化酵素に弱く大腸に届くまでにほとんど死滅してしまうので注意が必要です。

オリゴ糖が優秀なのは、人間の消化酵素で分解されることが無く大腸まで到達するため、

効率的に早く善玉菌を増やすことができるんです。

 

なのでヨーグルトのような菌自体を食べるプロバイオティクスと、

それ働きを助けるオリゴ糖のようなプレバイオティクスと合わせた、

シンバイオティクスをおこなうことがもっとも良いです。

オリゴ糖を食材から摂取するのは中々大変!

オリゴ糖が多く含む食材は、果物ではバナナやリンゴ。

野菜ではたまねぎやにんにくにトウモロコシなどで、その他に大豆やみそ、寒天などがあげられます。

このオリゴ糖を多く含む食材から摂取をすることも効果的ですが、

例えばバナナで言えば100g中に0.03gしかオリゴ糖を摂取できませんので、

食材から摂取するのは現実的ではありません。

白砂糖や人工甘味料は便秘になりやすい!

オリゴ糖は砂糖代わりに摂取すると良いとお伝えしましたが、

その理由は普段使用する白砂糖や人工甘味料はお腹の調子が悪くなったり、便秘になりやすいからです。

 

砂糖の原材料は、サトウキビとビートから作られていますが実は元は白色ではありません。

この白砂糖は精製過程で色々な薬剤を使い白い色にされます。

この間に、大切なミネラルやビタミンなどが奪われてしまいますので、

白砂糖は人工的に作られた食品添加物と言っても過言ではありません。

 

また、人工甘味料は食品には存在しない甘みを、人工的に作り出したものを言い添加物を多く含んでいます。

この添加物こそが悪玉菌の餌となり腸内環境を悪化させ便秘になりやすいと言われています。

 

料理や飲み物などには白砂糖や人工甘味料では無く、オリゴ糖を使用することで、

より速くお腹の調子を整えることができるんですね。

市販のオリゴ糖の種類

市販されているオリゴ糖甘味料は、どれもカロリーは砂糖の半分で甘みは砂糖よりも強いのが特徴です。

オリゴ糖は約20種類に分類され、この分類方法は原材料や性質により分けられます。

その中から代表的なオリゴ糖をご紹介します。

フラクトオリゴ糖

サトウキビから作られた蔗糖に果糖が結びついたもので、くせがなくまろやかな甘さが特徴です。

消化酵素では分解されにくくビフィズス菌の増殖を助けます。

イソマルトオリゴ糖

はちみつやみそ、しょうゆなどに含まれるオリゴ糖です。熱や酸に非常に強く料理に使用すると、

うま味やコクが出ます。虫歯になりにくい特徴があります。

ダイズオリゴ糖

大豆に含まれるオリゴ糖で、大豆たんぱく質を利用した後の残りかすから作られています。

免疫力を向上させる効果が有ります。

ガラクトオリゴ糖

母乳に多く含まれているオリゴ糖で、ビフィズ菌を増やし、

タンパク質の消化吸収を助ける働きもあります。

乳果オリゴ糖

天然のサトウキビの蔗糖吸入に含まれる乳糖が結びついたもので、

砂糖に近い自然の甘味が特徴です。

すべてのオリゴ糖に共通しているのが、腸内細菌のバランスを良くして腸内環境を整える効果や効用があります。

ヨーグルトは食物繊維やオリゴ糖と一緒にとると効果アップ

乳酸菌が多く含まれているヨーグルトが腸内環境に良いと言われていますが、本当に腸に良い食品なのでしょうか?

ヨーグルトの乳酸菌が残念ながら胃酸によって、

細菌やウィルスとともに乳酸菌も殺菌されて大半が死滅してしまいます。

 

どちらかといえば、ヨーグルトの効果として大切なのは、

死んでしまった乳酸菌をエサとして腸内にいる善玉菌を増やす働きなんです。

この時腸内の善玉菌を増やす助けをする食物繊維やオリゴ糖を同時に取り入れることで、

より効果が増すということです。

 

イメージとしては菌そのものを取り入れるというよりは、

腸内の善玉菌を増やすためのエサを食べまくるという感じです。

ヨーグルトは市販メーカや製品によって、さまざまなものが発売されています。

メイン乳酸菌の種類が違ったり、プラスアルファの効果で売り出されています。

その効果から特定保健用食品と許可されているものもあり、その効果で自分に合ったものを選ぶことが大切です。

食生活へのオリゴ糖の取り入れ方

オリゴ糖を普段の食生活に取り入れる簡単なレシピをご紹介しましょう。

普段何気なく飲んでいるコーヒーや紅茶に砂糖を使用していませんか?

この砂糖をオリゴ糖の甘味料に変えるだけで、手軽にビフィズ菌を増やす効果が有ります。

その上、カロリーが砂糖よりも低いので、肥満などの防止に効果がありますね。

また、ヨーグルトを食べるときにひと手間かけて、一口大に切ったバナナやリンゴをオリゴ糖を入れたヨーグルトで混ぜると、

ヨーグルトの乳酸菌にバナナやリンゴの食物繊維プラスオリゴ糖を一度に摂れる簡単フルーツサラダができます。

その他には、納豆にオリゴ糖を混ぜ、付属のタレか醤油を入れてかき混ぜてつくるオリゴ糖入り納豆。

オリゴ糖と納豆菌効果で便秘も解消されます。

このオリゴ糖入り納豆を豆腐に乗せて冷奴で食べると、とても美味しく腸に大変良い効果がありますね。

origobtn01


関連記事



便秘解消へのヒント

ページの先頭へ